最新記事
ブログランキング参加中
カテゴリ
プロフィール

izumi

Author:izumi
戦国IXA 1+2サーバーをメインにプレイ中。
攻略情報等もまとめておりますが、
相変わらずネタよりにいくのか真面目にやるのか
キャラすら定まらず迷走中であるが
話半分程度に聞いていただければ幸い

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防御剣豪部隊で僕が考えた最強の部隊2011-10-11(Tue)

ビバ剣豪合戦大会中の1+2鯖でございます。
とは言うものの早めの人なら赤備えの研究を終え
そろそろ兵士満載全力攻撃も増えてきた今日この頃ですが。

そんな中
他人様の報告書の爆死ログやらを見ていて気がついた
防御剣豪の恐ろしさを妄想して小一時間ほど危ない世界に行ってました。

去年2期の時1度お蔵入りにした内容含めてお送りします。
◆目をつけたのはこのカード。
139.jpg

5049 序 可児才蔵 スキル防:宝蔵院流
ご存知生涯現場第一。
500円位の小銭をくれたり
鬼刺、土壁、矢雨備えを狙ったり
煮てよし焼いてよし食ってよし。のカニさんである。
課金無課金に関わらず幅広い用途のある序カードで白クジから出ると嬉しい1枚である。

このカニさんのスキルは扱いとしては特スキルであるところの宝蔵院流ですが
これを合成に使うと
A防:宝蔵院流B攻:新陰流C防:土壁の術S1攻:鬼刺S2防:槍陣の極み
となっており、
カニxカニで合成すると極ランクのスキル、槍陣の極みを狙う事が出来る。

首尾よく槍陣の極みに成功して、さらに合成に使うと槍陣の極みのS1は防:柳生新陰流
天に次ぐ高レアリティ、そんじょそこいらではお目にかかれない
極の中でもダントツの知名度NO1。柳生宗矩さんのスキルである。

さてこの柳生新陰流。
LV10まで上げるとなんと発動+55% 将防:40%上昇。
考えてるとかなりのぶっ壊れ性能である。

しかも槍陣の極みのS1から合成を狙うと言う事は
上手い事前提スキルを調整さえすれば合成順位を1番上に持ってきた状態で合成を狙う事が可能。

中の人のリアル軍資金に関わらず
大量の銅銭とスキル消す多少の金と多量の不毛な努力さえあれば
4人の剣豪に柳生新陰流を並べる事も不可能ではない。

◆具体的に数値化してみよう
この4人の剣豪部隊がどれだけ凶悪になるか
軽くいつもの脳のあったかい人の皮算用を始めるざますよー。

選んだ4人は
2007 極 柳生石舟斎
3029 特 宝蔵院胤栄
4022 上 塚原卜伝
4049 上 富田重政

Yさんだけ入手難易度が高いけど記事のネタ的に入れざるをえない。
この4人を取りあえず現実的な範囲で★3-20に育ててみると
(防御、槍適性全振り、★4以上な労力的に書いた人の知らない世界なので(´・ω・`))

2007 極 柳生石舟斎 槍SSS 防御18975*1.2=  22770
3029 特 宝蔵院胤栄 槍SSS 防御17155*1.2=  20586
4022 上 塚原卜伝   槍A    防御15985*1.05=16784
4049 上 富田重政   槍S    防御15635*1.1=  17198

と言うことで槍を詰んだ状態で兵士の防御力を加味しない場合の総防御力は
合計77338。相変わらず算数も怪しい人の計算なので多分。

そしてLV10の柳生新陰流が発動する度に防御力はびよーんびよーんと上がっていくはずで

発動1つ 108273
発動2つ 139208
発動3つ 170143
発動4つ 201078

4つ発動で20万突破。
流石に全部発動すると考えるのは都合がよすぎると思われるであろうが
柳生新陰流LV10の発動率は55%。
剣豪の兵法は基本味噌っかすだがYさんは370。
59%程度にはなりそうである。つまり平均2つ以上は発動しちゃう。
ここでは計算に含んでいないが宝蔵院と富田の初期スキルを含んでさらに7つの
防御用のスキルを付けられたりもする。これを適当に考慮に入れちゃうと

★3-20x4人の時点で防御力は15万程度であれば恐らくある程度安定してひねり出せる。ハズ。多分。

んーむ。物凄く鬼畜極悪な気がしてきた。これは流行るかもしれん。
アタイってば最強ねかもしれない。

◆兵士1防御の恐ろしさ
恐怖の対象として剣豪攻撃ばかりがピックアップされる事が多いが
兵1防御の方が相当嫌らしかったりもする。
防御側の最大の利点はコストの限界まで武将を詰め込んで複数部隊で守れる事。
検証中の変態剣豪部隊なんぞなくても
40コストで防御振りの★1-20程度の一般武将も含めてねじ込んでしまえば
平均防御4000*16人の布陣でも防御力は64000
(防御6000程度の剣豪6~8人+防御2000~3000程度の武将を詰めた場合の適当試算)

64000程度ならあっさりひねり潰せる気もするが
兵1防御の最大の目的は戦闘に勝つ事ではなく
自分の兵士を消費せずに相手の兵士を削る事にある。
兵種の相性は考えない前提になるが
勝つだけであれば64000を上回ればいいのだが
この部隊を相手にほぼ被害を出さずに勝つためには
4倍の256000もの攻撃力をひねり出さねばならない。
パンピーには鉄騎馬無しでは既に結構苦しい数値である。

サーバー初期のなけなしのクエ兵士をつんで自分の部隊の攻撃力でも
見てみれば突っ込んだ後、待っている惨状が想像出来るかもしれない。

これを先の剣豪部隊で考えてみた場合、防御力15万と仮定すると
必要攻撃力は60万。ド変態の廃人様変態天部隊でも
流石にこの数値を叩き出すのは到底不可能!!!
・・・では・・・ないNE!!!(´・ω・`)出せる人いるわ。

まぁそんな変態ぢもは取りあえずほっといて大多数の人が
突っ込んだら痛い目を見る事になるのは確定的に明らかであるとはっきり。

◆さーてそろそろ現実みようぜ!!!
さてはて、と言うことでここに僕の考えた最強鬼畜部隊が誕生したわけではあるが実用面ではどうか。

まずこの部隊、柳生新陰流の発動率の優秀性のお陰でまず
報告書で目立つ。非常に目立つ。間違いなく目立つ。

ひたすらノックで獲物を選定してから剣豪部隊を突っ込ませる事が出来る攻撃側と違い
防衛側と言うのは相手部隊を判断出来る要素に欠け
喰らって見るまで兵士が詰まってるか解らず
また当たり前ではあるが敵襲貰わない限り守ることも出来ない。受動的要素がかなり大きいのである。

んでもって相手も剣豪部隊だった場合、当然ながら不毛なHPの削り合いとなる。
待っているのは数時間単位の回復時間。この相手も止められるので決して無意味でもないが。

悲しいのはノックであった場合★3-20のHP95→100の回復速度は24分。
再配置までに美味しい攻撃が通りすぎるのはお約束的に目に浮かぶ。

実際サーバー稼働期間の序盤に運用出来たとしても
報告書の異常からあっという間にコイツ変態!ド変態!!と吹聴されて
敵襲もらえぬ悲しい日々に終わる気がする。ただでさえ序盤の敵襲なんてものは貰う事自体大変なのに。
やっと敵襲来たと思ったら陽動ノックだったでござる、な日々が恐らく待っている。

◆じゃ、じゃあ中盤以降にガチ防衛用途に使えばいいじゃない!!
と言うことで高ランクのHP回復速度やそもそも兵士入りの敵襲を貰う難易度からして
どうやら真価を発揮出来るのは序盤ではないようだ。

しかし兵士詰めて戦う中盤以降の拠点運用すれば最強じゃない!!
スキルの発動次第ではそんじょそこいらの槍部隊以上の防御力も期待出来る上に
武将コストも2*1人1.5*3人。武将4人で合計6.5コスト。
低コスト、少ない兵量で超絶防御力。
ガチ防衛の1軍に組み込む価値は十分にあるはずだ。これなら行ける。

・・・んー???(´・ω・`)

いやまて。
低コスト、少ない兵量で超絶防御力。
・・・少ない兵量で超絶防御力。

これが何を意味するかと言うと兵士を満載しても兵1辺りの防御力が超絶に高い。
そうなんです。つまりこいつら、避雷針部隊の真逆にあたる部隊なのです。
鉄砲足軽よりも密度の濃い部隊になること間違いなしなので
鉄砲部隊にまで被害がバンバン流れてしまう。
んーむ。鉄砲部隊との相性は最悪のようで。

と言うことで色々考えて見ましたが
中盤以降に鉄砲無しの部隊で単騎の敵襲を地味に蹴散らすのが
彼らの最も輝ける舞台であると言う結論に至りました。

◆あれっ、じゃあこれって結局ネタ部隊じゃね?
最初っから最後までネタ部隊だよ!!!

序盤も中盤以降も運用に非常に難しい制約があったりはするが
ネタ以外の用途が無いかといえばそうでもない。
少なくとも個人的にこんな部隊は絶対に相手するのは御免被る。

結局の所、合戦報告書でのバレやすさから
ただ単に嫌われて敵襲が貰えなくなって寂しい存在になれる事が最大の特徴かもしれない。
以上、友人とゲームをしてはストⅡの投げハメよろしくリアルで友達を無くす事に定評のある私でした。

テーマ : 戦国IXA
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。